So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

フォルトラオム 500万下(6戦目) [競馬]


9/18(月・祝)、阪神競馬場第12レース 3歳以上500万下(ダート1800m)に出資馬フォルトラオムが出走しました。

14頭立て4枠5番、負担重量51kg、鞍上は前走と同じ加藤祥太騎手。


この日は北海道旅行中(しかも台風直撃中)で、当然現地観戦は不可能。

しかし応援馬券は買っておきたいので、同行者たちに無理を言って暴風雨の中【J-PLACE苫小牧】へ。何とか馬券購入できました。


レースは休憩中のお店の中で、友人のスマホのグリーンチャンネルWebで観戦。

馬体重が398kg(-10kg)ということで、ほぼ戦前から諦めムード。


レースが始まってすぐは後方5~6番手で追走できてたものの、3コーナーではすでに置いていかれます。

4コーナーでは最後方、直線も挽回できず。ゴール後は最下位の14着ブービー馬との着差も大差(もちろんタイムオーバー)という結果となりました。



レース後の公式コメント。

『9月18日(祝・月)阪神・ダート1800m戦(500万下)に51kg☆加藤祥太騎手で出走し、馬体重は前走から-10kgの398kgでした。
レースでは、五分のスタートを切り、馬なりで中団から。前半は最内をロスなく立ち回りました。しかし、3コーナーあたりで全体のペースが上がると、追走が苦しくなり、最後方に下がってしまいました。直線でも盛り返す脚は残っておらず、上位から大きく遅れて14着での入線でした。なお、タイムオーバーによる出走制限を課せられています。
「砂を被っても大丈夫でしたが、思ったよりも乾いて力の要るダートだったので、小柄な本馬にはきつかったです。雰囲気自体は良かったのですが、申し訳ありません」(加藤祥太騎手)
「前半の走りは悪くありませんでしたが、ペースが上がったら動ききれませんでした。飼葉は食べていたのですが、なかなかキープするのも難しかったです。申し訳ありませんでした」(吉村調教師)
※なお、これ以上の出走が難しくなった状況を受け、吉村調教師を含め関係者間で協議を行いました。今後は地方競馬へ転籍した後、一定の成績を収めたうえでJRAへ再登録するという道は残されていますが、デビュー戦の4着はあるものの、その後は芳しくない成績が続き、小柄な馬体をなんとか維持しながらの調整では、これ以上大きな変わり身を望むことは厳しいと考えられます。また、近走の内容を見ると、仮に中央への復帰を果たしたとしても、苦戦を強いられる可能性が高いと判断せざるを得ません。そのため、このままでは維持費出資金など会員様のご負担ばかりが増大してしまうことから、今回のレースを最後に引退することに決めました。
本馬の勝利をご期待いただいておりました会員の皆様にとりましても、まことに残念なことと存じますが、なにとぞご了承賜りますようお願い申しあげます。今回の引退に関しての詳細につきましては、後日書面にてお送りいたします。
なお、本馬はJRAの競走馬登録抹消と同時に競走馬ファンドとしての運用が終了します。提供牧場が募集価格の10%相当額で買い戻すことにより所有権が移転することになりますが、提供牧場での繁殖の用に供さないことになったことから、今週9月21日(木)に予定されている「サラブレッドオークション」に上場することになりましたので、ご連絡申しあげます。』



・・・ということで、引退が決定しました[もうやだ~(悲しい顔)]

ちょっと悲しいのが、生まれ故郷の白老ファームに戻れないこと。母馬のヴァリディオルがまだ8歳と若いし、下2頭も牝馬なので必要とされなかったんですね・・・。


非常に残念ですが、これから先フォルトラオムにとって少しでも良い馬生になってくれるのを祈っています。

フォルトラオム、お疲れさまでした[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0) 

バレリオ情報(9/16) [競馬]


出資馬バレリオのクラブ公式情報です。


『本日9月16日(土)NF天栄に無事放牧しています。』



外厩に放牧となりました。落ちたコンディションを戻すには時間がかかるかもしれませんが、この機会に心身ともに成長してくれるのを期待してます。


nice!(0)  コメント(0) 

バレリオ情報(9/15) [競馬]


『9/15現在、美浦TC在厩。

本日(金)に鞍をつけて馬場で騎乗運動を行いました。ダグ程度を乗ったところ、歩様に硬さがみられますが、違和感はありませんでした。JRAの獣医師より「ここまでの過程から骨折の疑いはなくなり、原因は全身の筋肉痛と思われます。輸送を行っても大丈夫です」とのことで、放牧の許可が下りました。相沢調教師は「骨折などの大事に至らなくて、良かったです。左肩の筋肉が落ちていますので、復帰にはしばらく時間がかかると思われます」とのことです。明日9月16日(土)にNF天栄に放牧予定です。NF天栄で落ち着き次第、馬体チェックを行います。』

 

やきもきした1週間でしたが、幸いにも深刻な症状ではなく放牧出せるまで回復しました。

復帰にしばらく時間がかかるとのことですが、ここは無理せずじっくり成長させてほしいです。デビュー戦でビビりな部分を見せた精神面もこの機会に鍛えられたらいいですね。

 



nice!(0)  コメント(0) 

出資馬情報(9/14) [競馬]

 

本日出資馬3頭の公式情報が更新されました。

☆ フォルトラオム(栗東TC在厩)
『9/14現在、栗東TC在厩。
9月18日(月・祝)阪神12R(16:10)・ダート1800m戦(3歳以上500万下)に51kg☆加藤祥太騎手で出走が確定しています。このレースは14頭立てになりました。

「限定未勝利戦は出走間隔の関係から除外確実で、仮に来週以降まで待っても、鞍数が減るので厳しいでしょう。状態的にも先延ばしにし続けることは得策ではなく、今週の500万下戦に回ることにしました。週末の天候も考慮すると、重い芝よりも脚抜きの良いダートがいいかもしれません」(師)』


 

まさかの500万下のレースに急に出走することになりました。
まぁ正直、未勝利戦でも厳しかったのに上のクラスで勝負になるとは思えず・・・。
レース当日は北の大地にいるので(しかも恐らく台風直撃中)、スマホ画面で応援するだけになりそうです。

 

☆ レジェ(NF天栄在厩)
『9/14現在、NF天栄在厩。
現在は週3日はトレッドミルの運動、週1日は周回コースでハッキングキャンターを3000m、週2日は坂路でハロン14~15秒のキャンターを1~2本のメニューを消化しています。ようやく硬さが取れてきましたので、これから本格的に負荷をかけて乗り込むことにします。もう少し進めてから、具体的なレースを決めることにします。現在の馬体重は434kgです。』

 

なかなかペースが上がってきませんね。11月の府中開催には出てきて欲しいですが・・・。


馬体重ももう少し増えてくれれば。


 



☆ バレリオ(美浦TC在厩)
『9/14現在、美浦TC在厩。
本日(木)朝の馬体チェックで、皮膚病は残っていますが、トモ、左前脚を含め馬体に異常はなく、厩舎前で歩かせたところ歩様にも違和感はなくなりました。昨日(水)に左肩のレントゲン検査と触診を行い、こちらも特に問題はありませんでした。本日(木)午前中に厩舎のまわりを1時間ほど歩かせています。明日は鞍をつけて角馬場で乗り運動を行う予定です。相沢調教師は「左肩の上部の筋肉はレース中に傷めてしまい、一時的に負重がかからなかったため、落ちたと思われます。本日の検査で、皮膚病は残るものの馬体に異常はみられなくなりましたので、明日の騎乗運動で問題なければ、いったん放牧する予定です」とのことです。』


 


皮膚病以外はだいぶ落ち着いたようです。


NF天栄への放牧はちょっと長くなるかもしれませんが、存分にリフレッシュさせて欲しいです。


nice!(0)  コメント(0) 

出資馬情報(9/13) [競馬]


本日更新された出資馬の公式情報です。


☆ フォルトラオム(栗東TC在厩)

『本日9月13日(水)坂路コースでサッと追い切り、57.0-41.0-26.5-12.9秒の時計をマークしました。今週の限定未勝利戦から出走を視野に入れていますが、想定時点では、どのレースも除外対象となっており、来週以降にまわることになりそうです。』



☆ ピエスドール(美浦TC在厩)

『来週か再来週の中山・ダート1800m戦に出走予定です。現在はまだ馬体回復を促している段階で、速めは週末からになります。』



3歳未勝利でラストチャンスにかけるこの2頭。スーパー未勝利の出走権を持っている馬が相当数いるため、レースに出ることすら難しくなってます。

来週・再来週の2週間(4日間)でダート1800mのレースは中山・阪神で3レースずつ。まずはレースに出られる事を願いましょう。




☆ バレリオ(美浦TC在厩)

『本日(水)牧場スタッフを帯同して本馬の歩様を確認しています。やや硬さはあるものの、問題なく歩けています。また、本日(水)にもJRAの獣医師の診察を受けています。皮膚病については、胸前にみられますので、塗り薬、飲み薬で対処しています。加えて、馬体チェックを行ったところ、左肩の上部の筋肉が少し落ちていることが判明しました。皮膚病に加えて、左肩上部につきましても、引き続き注意を払っていきます。』



今日も更新のあったバレリオ。トモは大丈夫そうですね。

HPにアップされていた今日の写真を見ると、胸と前脚の付け根あたりに発疹(?)のような痕があります。

左肩にも問題があるようですが、歩けているのであればさほど重くない疾病と思えます。

何より写真のバレリオの顔がのんびりしているように見えるので、もう痛みはあまりなさそう・・・?


日曜日の第一報の深刻さに比べるとだいぶ落ち着いてきた感じです。あと1~2週間ぐらいで放牧できるぐらいまで回復できればいいなぁ。


nice!(0)  コメント(1) 

バレリオ情報(9/12) [競馬]


新馬戦勝利後、トモの痛みやスクミらしい症状を出しているバレリオ。

月曜日がトレセン休業日のため、今日火曜日に新情報が発表されました。(火曜日はクラブ休業日で普段はHP更新はされないんですが、今回は特別に更新されたようです。)


『本日(火)朝は普通に馬房から出て歩いており、トモも問題ありませんでした。しかし昨日午後から全身に皮膚病が出始め、左前脚の歩様がギコちないとのことです。左前脚には特に腫れや熱感とかはなく、念のため、左前脚の球節部のレントゲン検査を行いましたが、異常はありませんでした。JRAの獣医師によると「トモは問題なさそうです。左前脚の歩様の違和感は皮膚病の影響かもしれません。引き続き様子を見させてください」とのことで、相沢調教師は「一連の症状は、一生懸命に走ったことで、疲れからくるものかもしれません。落ち着くまでJRAの獣医師と連携して、様子をみます」とのことです。』



懸念されていたトモの骨折・靱帯損傷といった怪我ではなさそうです。

ですが、全身への皮膚病、左前脚の歩様の違和感が新たに出てしまいました。

自分は素人なので皮膚病と歩様悪化がどう関連しているのかさっぱり判りませんが、両方とも治療&ある程度休ませると改善してくる症状だと思っていいんでしょうか?


初めての環境で初めてのレース、普段の調教以上に速く走らされて・・・確かにストレスや疲れによってダメージは大きかったのでしょう。


今出ている症状が落ち着くまで安心できませんが、早く回復できることを祈ってます。


nice!(0)  コメント(0) 

故障・・・かも?? [競馬]


昨日うれしい新馬勝ちをしたバレリオ。

勝利の余韻に浸りながらまったり日曜日を過ごしていたんですが、それを吹き飛ばすような記事がクラブ公式コメントに載りました・・・。(2本あるので時系列順に)


『昨日(土)レース後に中山競馬場の馬房に戻った後、馬運車に移動しようとしたところ、馬房から出ようとしませんでした。当初は疲労から動けないと思われましたが、昨日(土)夜になっても動かず、無理せずに1日様子をみることにしました。本日(日)朝も同様に動こうとしないため、JRAの獣医師による診察を受けました。獣医師によると「トモ部分に痛みがみられるため、トモのレントゲン検査を撮りましたが、骨には異常はありませんでした。また馬体全体のチェックも行いましたが、目立った異常はみられません。しかし何らかの原因がありそうですので、トモに痛み止めを打って、本日(日)は中山競馬場で様子をみます」とのことです。
※続報が入り次第、更新いたします。』



『本日(日)午後に美浦TCにて馬体チェックを行ったところ、今まで馬房から出るのを嫌がっていましたが、問題なく出て歩いたとのことです。JRAの獣医師によると「馬体検査を行ったところ、痛み止めが効いていることもありますが、普通に歩いており、馬体に異常はみられませんでした。一応血液検査も行いましたが、こちらも異常はありません。歩様をみますと、骨折の可能性は低そうです。しかし数日継続して様子をみます」とのことです。
※当初中山競馬場に在厩しているとご連絡いたしましたが、昨日(土)に美浦TCに移動しておりました。お詫びするとともに訂正いたします。申し訳ございませんでした。また情報が入り次第、ご連絡いたします。』



整理すると、

・レース後美浦TCに戻した段階でトモを痛がって動こうとしなかった。

・日曜朝に獣医師を呼んでレントゲンを撮ったが骨には異常なし、痛み止めの注射を打った。

・日曜午後は歩けるようになった、血液検査も異常なし。



う~ん、これは症状が重いんでしょうか?軽いんでしょうか?

数日経って元に戻るようならスクミとかコズミの類い?

万が一骨折とか筋肉系の傷害だったら・・・[たらーっ(汗)]


ともかく、厩舎スタッフさんや獣医師さんがケアをしてくれてますし・・・、重い傷害でないことを願います。


nice!(1)  コメント(0) 

バレリオ メイクデビュー口取り [競馬]


メイクデビュー中山(芝2000m)に快勝したバレリオ。

観戦していたゴール前からスタンドの階段を駆け上がって、口取り集合場所のインフォメーションセンターへ急ぎます。

アイスフォーリスでも一緒だったHさんと久々の再会・勝利を喜びつつ、クラブ社員さんの後を付いていってウィナーズサークルへ。



自分のこれまでの口取り式参加は全て東京競馬場。東京競馬場では地下馬道を通ってウィナーズサークルへ出て行くんですが、中山競馬場では普通にお客さんがいるスタンド内を通って行きます。そのため、スペシャル感はあまりないですね[あせあせ(飛び散る汗)]



ウィナーズサークルに入ってしばらく待つと、主役のバレリオ&関係者の方々が到着。

※写真は同じバレリオ出資者のTさんに撮っていただきました。

DSCN0797_480.JPG

相沢先生も満面の笑顔です[わーい(嬉しい顔)]

DSCN0800_480.JPG


DSCN0813_480.JPG


津村騎手のレース後コメントを聞くと、レース中は思っていた以上に苦慮して乗っていた様です。

津村騎手、相沢調教師、厩舎スタッフの皆様、勝たせてくれてありがとうございましたm(__)m

DSCN0816_480.JPG

そして一番頑張ったバレリオ、おめでとう[exclamation×2]



記念写真が終わったあと、中山競馬場だけでもらえるというぬいぐるみ(結構大きい)プレゼントのじゃんけん大会をして解散。


去年5月のレジェの未勝利戦以来の勝利だったので、とてもうれしいですね。新馬戦に勝った馬も初めてなので先々が楽しみです。



nice!(0)  コメント(0) 

バレリオ メイクデビュー中山(1戦目) [競馬]


9/9(土)中山競馬場第5レース、メイクデビュー中山(芝2000)に出資馬バレリオが出走しました。

当日は晴れ、気温も30℃近くまで上がってパドックなどでは暑いぐらいでした。


DSCN0735_480.JPG


レースは9頭立てと少頭数、バレリオは7枠7番。

馬体重は468kg。3週間ほど前のNF天栄在厩時には479kgだったので、だいたい想定内の馬体重で出てきました。



パドック周回が始まり、各馬がパドックに出てきます。

DSCN0737_480.JPG

前の馬からだいぶ離れてパドックに出てきたバレリオ。相沢厩舎おなじみの緑とオレンジのメンコを付けてます。

引いている方はアイスフォーリスも担当されていた三ノ輪さんでした。


DSCN0739_480.JPG

歩様はだいぶゆっくり。ちゃんと歩いてはいるんですが、なんかボーーッとしてますw(案の定パドック解説では「覇気がない」って言われました)

後ろを歩くパワフルテソーロ、ウサギノダンスに迷惑かけちゃってます[ふらふら]

DSCN0742_480.JPG

DSCN0748_480.JPG

新馬戦なので仕方ないですが、結構物見もしてます。

自分は掲示板前に陣取ってたんですが、バレリオがチラチラ掲示板を見てます。オッズでも見て「おっ!オレ1番人気[るんるん]」とか思ってるんでしょうかw

DSCN0754_480.JPG


自分が見る限り、馬体は細くは見えなかったです。トモのボリュームは成長途上、って感じでしょうか。

DSCN0761_480.JPG

周回を重ねるにつれてうるさくなる馬もいる中、バレリオは終始大人しいまま。パドックでのおとなしさ、トモの踏み込みの浅さはアイスフォーリス以下リリウムの子供共通の様ですね。

DSCN0768_480.JPG


騎乗命令がかかり、今回鞍上の津村騎手が跨がります。

DSCN0774_480.JPG

DSCN0777_480.JPG

DSCN0781_480.JPG

騎手が跨がって気合いが・・・ん~、乗ってきたのかな??

DSCN0783_480.JPG


グランプリロードを通って本馬場へ。

DSCN0786_480.JPG

DSCN0787_480.JPG

返し馬はキビキビって感じではないですが、比較的スムースにキャンターに入ったんじゃないでしょうか。特に悪くはなさそう。



DSCN0789_480.JPG

そしていよいよ、レーススタート。

最初に枠入りしたバレリオは大人し~くしています。

・・・が、隣のパワフルテソーロが枠入りを嫌がってチャカついたのを見たバレリオがうるさくなり始めます。

そしてゲートオープン・・・・・・出遅れました[がく~(落胆した顔)]

最後方でのスタートとなったバレリオ。津村騎手が多少手綱を動かしてすぐ馬群に取り付きます。

第1コーナーでは後方2番手、向こう正面にかけてジワジワ前に進出していきます。

1000m通過が1分06秒8という超ドスローのペースの中、早めに先行集団を追いかけます。

3コーナーあたりから手綱を押して上がっていき、4コーナー回って直線に入るところで先行している3頭に並びかけます。

道中ずっと外々を回っていて脚が残っているか心配でしたが、直線坂で力強く伸びてきて先頭に!

ゴール前も内で粘るニシノマメフク、外から追い込んできたハービーナをきっちり押さえ、見事1着でゴールしました[exclamation×2]

タイムは2分05秒5、上がり3ハロンは33秒7、2着との差は1馬身1/4。

スローペースでタイムは遅いですが、前残りの展開の中差しきったのは評価できると思います。ゴール間際でもまだ伸びてる感じでしたしね。



以下はレース後の公式コメントです。

『9月9日(土)中山5R・芝2000m戦に54kg津村騎手で出走・デビューし優勝しました。タイムは2分5秒5。馬体重は468kgでした。レースは出遅れてしまい後方2番手を追走、前半1000mが66秒8の遅い流れで進みました。向こう正面から大外を通って押し上げていき、4コーナーでは先頭に並びかけました。最後の直線では上がり3ハロン33秒7の鋭い末脚をみせて、他馬を一気に抜き去り、ゴール前では1馬身1/4差をつける完勝劇でした。
レース後の騎手のコメントでは「隣の馬がゲートの入りがあまり良くなかったことで、本馬はイライラしてしまい、ゲートで出遅れてしまいました。道中は遅い流れでしたので、思い切って仕掛けていき、ゴールまで長く良い脚をみせてくれました。素晴らしい末脚をみせてくれましたが、トモにまだ甘いところがあり、馬体全体が成長途上ですので、これからの成長が楽しみです」とのことで、調教師のコメントでは「まず勝ててホッとしました。能力がありますね。心身ともにまだ幼さをみせていますので、大事に使っていきたいと思います。この後は来週NF天栄に放牧して、リフレッシュさせ、疲労の回復具合をみて、次走を決めます」とのことです。』



レース後津村騎手が、「周りの馬を気にしてゲートを出なかった。道中も周りを気にしてビクビクしなから走ってた。」とコメントしている記事を読みました。

ちょっとビビり屋さんなのかも?レースを覚えていって解消できればいいんですが・・・。

騎手、調教師とも「まだまだこれから」というコメントしてるので、今後の成長も楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

バレリオ 出走確定 [競馬]


9/9(土)中山競馬場第5レース メイクデビュー(芝2000m)にバレリオが出走します。

枠順は9頭立て7枠7番。負担重量54kg、鞍上は津村騎手。


事前の相沢調教師のコメントはいいものの、最終追い切りで遅れたこともあって評価がどっちつかずになってる感があるバレリオ。

新聞の印は厚めですし、「体ができてて初戦向き」とのコメントもあるので好勝負を期待しています。


上位人気はバレリオ、ロイヤルアフェア、ハービーナの3頭になりそう。新聞の印を見るとロイヤルアフェアが一番人気かな?(プラス、シルクの会員さんのマンパワー)

他は、現障害チャンピオンのオジュウチョウサンの半弟ラッキーチョウサン、ノースフライトの孫ウサギノダンス。ニシノマメフク、パワフルテソーロも調教が良く要注意です。

まぁ新馬戦なので走ってみないと脚が速いか遅いか判らないんですが・・・。


雨も金曜日から晴天、良馬場で走れるでしょう。開幕週で良い芝コンディション、無事に走ってきてほしいですね。


nice!(0)  コメント(3) 
前の10件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ