So-net無料ブログ作成
検索選択

バレリオ メイクデビュー中山(1戦目) [競馬]


9/9(土)中山競馬場第5レース、メイクデビュー中山(芝2000)に出資馬バレリオが出走しました。

当日は晴れ、気温も30℃近くまで上がってパドックなどでは暑いぐらいでした。


DSCN0735_480.JPG


レースは9頭立てと少頭数、バレリオは7枠7番。

馬体重は468kg。3週間ほど前のNF天栄在厩時には479kgだったので、だいたい想定内の馬体重で出てきました。



パドック周回が始まり、各馬がパドックに出てきます。

DSCN0737_480.JPG

前の馬からだいぶ離れてパドックに出てきたバレリオ。相沢厩舎おなじみの緑とオレンジのメンコを付けてます。

引いている方はアイスフォーリスも担当されていた三ノ輪さんでした。


DSCN0739_480.JPG

歩様はだいぶゆっくり。ちゃんと歩いてはいるんですが、なんかボーーッとしてますw(案の定パドック解説では「覇気がない」って言われました)

後ろを歩くパワフルテソーロ、ウサギノダンスに迷惑かけちゃってます[ふらふら]

DSCN0742_480.JPG

DSCN0748_480.JPG

新馬戦なので仕方ないですが、結構物見もしてます。

自分は掲示板前に陣取ってたんですが、バレリオがチラチラ掲示板を見てます。オッズでも見て「おっ!オレ1番人気[るんるん]」とか思ってるんでしょうかw

DSCN0754_480.JPG


自分が見る限り、馬体は細くは見えなかったです。トモのボリュームは成長途上、って感じでしょうか。

DSCN0761_480.JPG

周回を重ねるにつれてうるさくなる馬もいる中、バレリオは終始大人しいまま。パドックでのおとなしさ、トモの踏み込みの浅さはアイスフォーリス以下リリウムの子供共通の様ですね。

DSCN0768_480.JPG


騎乗命令がかかり、今回鞍上の津村騎手が跨がります。

DSCN0774_480.JPG

DSCN0777_480.JPG

DSCN0781_480.JPG

騎手が跨がって気合いが・・・ん~、乗ってきたのかな??

DSCN0783_480.JPG


グランプリロードを通って本馬場へ。

DSCN0786_480.JPG

DSCN0787_480.JPG

返し馬はキビキビって感じではないですが、比較的スムースにキャンターに入ったんじゃないでしょうか。特に悪くはなさそう。



DSCN0789_480.JPG

そしていよいよ、レーススタート。

最初に枠入りしたバレリオは大人し~くしています。

・・・が、隣のパワフルテソーロが枠入りを嫌がってチャカついたのを見たバレリオがうるさくなり始めます。

そしてゲートオープン・・・・・・出遅れました[がく~(落胆した顔)]

最後方でのスタートとなったバレリオ。津村騎手が多少手綱を動かしてすぐ馬群に取り付きます。

第1コーナーでは後方2番手、向こう正面にかけてジワジワ前に進出していきます。

1000m通過が1分06秒8という超ドスローのペースの中、早めに先行集団を追いかけます。

3コーナーあたりから手綱を押して上がっていき、4コーナー回って直線に入るところで先行している3頭に並びかけます。

道中ずっと外々を回っていて脚が残っているか心配でしたが、直線坂で力強く伸びてきて先頭に!

ゴール前も内で粘るニシノマメフク、外から追い込んできたハービーナをきっちり押さえ、見事1着でゴールしました[exclamation×2]

タイムは2分05秒5、上がり3ハロンは33秒7、2着との差は1馬身1/4。

スローペースでタイムは遅いですが、前残りの展開の中差しきったのは評価できると思います。ゴール間際でもまだ伸びてる感じでしたしね。



以下はレース後の公式コメントです。

『9月9日(土)中山5R・芝2000m戦に54kg津村騎手で出走・デビューし優勝しました。タイムは2分5秒5。馬体重は468kgでした。レースは出遅れてしまい後方2番手を追走、前半1000mが66秒8の遅い流れで進みました。向こう正面から大外を通って押し上げていき、4コーナーでは先頭に並びかけました。最後の直線では上がり3ハロン33秒7の鋭い末脚をみせて、他馬を一気に抜き去り、ゴール前では1馬身1/4差をつける完勝劇でした。
レース後の騎手のコメントでは「隣の馬がゲートの入りがあまり良くなかったことで、本馬はイライラしてしまい、ゲートで出遅れてしまいました。道中は遅い流れでしたので、思い切って仕掛けていき、ゴールまで長く良い脚をみせてくれました。素晴らしい末脚をみせてくれましたが、トモにまだ甘いところがあり、馬体全体が成長途上ですので、これからの成長が楽しみです」とのことで、調教師のコメントでは「まず勝ててホッとしました。能力がありますね。心身ともにまだ幼さをみせていますので、大事に使っていきたいと思います。この後は来週NF天栄に放牧して、リフレッシュさせ、疲労の回復具合をみて、次走を決めます」とのことです。』



レース後津村騎手が、「周りの馬を気にしてゲートを出なかった。道中も周りを気にしてビクビクしなから走ってた。」とコメントしている記事を読みました。

ちょっとビビり屋さんなのかも?レースを覚えていって解消できればいいんですが・・・。

騎手、調教師とも「まだまだこれから」というコメントしてるので、今後の成長も楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)