So-net無料ブログ作成

2018/06/08 社台募集馬見学ツアー 6)社台ファーム [競馬]


あっという間に最後の見学地、社台ファームです。

リリーバレーからは少し離れてるので、お疲れモードの車内でグダってる人には貴重な休息時間。


ここに来て雨の降りはさらに強目に。日帰りツアーには何回か参加してますが、社台ファーム見学中雨でなかったことが一度もない・・・。そんな雨男ではないんですが、相性悪いんでしょうか・・・[バッド(下向き矢印)]



ここでは牡・牝、美浦・栗東の4回に分けての展示。



17 クイーンスプマンテの17(父オルフェーヴル)。牝・栗毛・5/18生まれ・60万円。

DSCN3023_480.JPG

DSCN3028_480.JPG

「普段から少しうるさめ。」

「馬体はそこまで大きくならなさそう。」




クイーンスプマンテは2009年香港初めて行ったときに香港カップに出走してました。

産駒はこれまで大きな結果は出してはいませんが、この仔は母同様意外性のある競走馬になれるでしょうか?




一巡目のこのタイミングでものすごい雨に。
一旦バスに戻ってレインスーツを着込みシューズカバーを装着して、再チャレンジ。



37 パールサイドの17(父ゴールドシップ)。牡・栗毛・4/18生まれ・60万円。

DSCN3045_480.JPG

DSCN3050_480.JPG

豪雨でデジカメのピントが合わない上に、馬たちも暴れてどの写真もブレブレ[ふらふら]

引き手の方に話も聞けず・・・。



雨は収まるどころか更に強まります。遠くで雷も鳴ってて、次々と見学者の心を折っていきます。
この時点で、見学者の6~7割はバスに戻ったんじゃないでしょうか。

自分も放牧地横のトイレの建物に避難してました。


なので、

G-35 ショーコの17(父オルフェーヴル)、牝・黒鹿毛・5/14生まれ・40万円。

は見れませんでした。



避難場所の建物から撮ったのがこちら・・・。

DSCN3053_480.JPG

DSCN3054_480.JPG

2枚目の柵の手前はもう川になってましたw

柵と柵の間はウッドチップの走路なんですが、この雨でも水浮いてませんでした。




4巡目、雨は全く弱まってませんが、意を決して池のようになった放牧地に向かいます。


61 ファーストバイオリンの17(父オルフェーヴル)。牡・栗毛・5/11生まれ・100万円。

DSCN3057_480.JPG

DSCN3059_480.JPG

DSCN3063_480.JPG






最後に、

62 ピリカの17(父オルフェーヴル)。牡・栗毛・5/24生まれ・75万円。

DSCN3065_480.JPG

DSCN3067_480.JPG




すいません、ファーストバイオリンの17・ピリカの17に関してはコメント取れませんでした・・・。

動画見てもらえればわかると思いますが、雨凄すぎて無理ですって。仔馬も凄い鳴いてるし。

むしろ、ここまで残ってたことを褒めてほしいw



目当ての馬の動画だけ撮って切り上げ、バスに戻ります。

車内に入ると、自分がラス1・ラス2ぐらいの感じでした。全員ライフはゼロ状態w

もう4巡目は1割ぐらいの人しか見てなかったんじゃないか・・・そんな印象です。




10分ほど巻いて、全見学終了です。
いや〜、今年も天候が厳しかった。社台ファームの馬はほとんど話聞けなかったです・・・。


あと、最初のツアーで募集馬にとっては初めて大人数の前に出される(前日にスクーリングはしてるとはいえ)ので、普段よりさらにうるさくなってしまいます。
この辺りの判断も難しいですね。



これで一通り、自分が見てきた募集馬です。

ちょっと思ってたのと違う馬がいたり、その逆に好印象だった馬がいたり。

あとは締め切りまで票読みと他の方のブログをググりまくって、申し込み馬を絞り込もうと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018/06/08 社台募集馬見学ツアー 5)追分ファームリリーバレー  [競馬]


続いては、追分Fリリーバレー。去年までは追分ファームで見学してましたが、今年からリリーバレーに変わったそうです。
ここでは、少し間を空けて牡牝同時展示。



リリーバレーに着くと、小さい子供の声が。

『あれ?子供連れてきていいんだっけ?』と思っていると、「いいうま、たくさんいますよ~[exclamation×2]」と声を張り上げる男の子。

『???』

後でわかったんですが、吉田正志さんのお子さんだったんですね。(晴哉さんのお孫さん)

営業熱心で次世代も安泰ですねw




G-31 ヨナグッチの17(父オルフェーヴル)。牡・栗毛・2/28生まれ・50万円。

DSCN2974_480.JPG

DSCN2977_480.JPG

「馬体は標準以上になりそう。」

「気性は少しうるさめ。」

DSCN2978_480.JPG




この仔もオルフェらしい感じに出てます。馬体も大きめですし、楽しみですね。




G-34 モクレンの17(父オルフェーヴル)。牝・栗毛・3/20生まれ・45万円。

DSCN2991_480.JPG

DSCN2994_480.JPG

見た目も気性もオルフェーヴル寄り。この時も少しうるさかった。

毛色はきれい。




G-13 スパニッシュクイーン(父フェノーメノ)。牝・黒鹿毛・1/24生まれ・50万円。

DSCN2998_480.JPG

DSCN3002_480.JPG

「馬体は大きくないが、初子だし問題ないだろう。」

「母がアメリカンオークス馬なので、牧場としても期待している。」


DSCN3005_480.JPG




追分ファームとしては自生産であるフェノーメノに力を入れているそう。

良血馬にディープでもオルフェでもなくフェノーメノを付けたのをみても、その意気込みはわかります。

ちなみに、動画に入っている声はたまたま横にいた正志さんのセールストークです。




G-15 インコグニートの17(父ゴールドシップ)。牝・青鹿毛・2/7生まれ・50万円。

DSCN3011_480.JPG

左側から見るとフツーのルックスですが・・・


DSCN3016_480.JPG

DSCN3019_480.JPG

右側はインパクト大の流星を持っています。

「そんなにうるさくない。」

「ゴールドシップ産駒の中では馬格がしっかりしている。」




特徴的な流星と大きめの馬体。ゴールドシップ人気もあるし、結構票数集めそうです。




もう一頭、

8 ハイリリーの17(父キングカメハメハ)。牡・鹿毛・3/27生まれ・70万円。

DSCN2980_480.JPG

DSCN2983_480.JPG

DSCN2987_480.JPG




ハイリリーといえば、3歳500万のミモザ賞でアイスフォーリスに勝った馬。あの時ゴール前でアイスが凌いでいれば・・・そのあとの戦績はどう変わっていったでしょうか。



リリーバレー見学終盤の方には本格的な雨模様になってきました。

最後の見学地、社台ファームへと向かいます。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:競馬

2018/06/08 社台募集馬見学ツアー 4)ノーザンファーム遠浅 [競馬]


それほど走らずに次の目的地、ノーザンファームYearling 遠浅へ到着。

ここはノーザンファーム提供の牝馬が展示されます。

この辺りから雨がポツポツ。



136 グルーヴィクイーンの17(父フェノーメノ)。牝・鹿毛・4/20生まれ・30万円。

DSCN2914_480.JPG

DSCN2918_480.JPG

「お母さんに似て、少し小さめ。」

「普段は大人しい。」


DSCN2922_480.JPG




いきなりたくさんの人が来たのでちょっと緊張ぎみ。でもそこまでうるさくはなかったです。

フェノーメノにしては小さく出ましたが、母系に出たと思えば許容範囲なのかも?




119 ピクシーホロウの17(父オルフェーヴル)。牝・鹿毛・4/18生まれ・45万円。

DSCN2927_480.JPG

DSCN2930_480.JPG

「オルフェにしてはおっとりしてるが、気の強いところもある。」

「馬体は今は小さいが、中ぐらいまでいくだろう。」

「脚元は問題なし。」

DSCN2932_480.JPG

DSCN2938_480.JPG




オルフェだけど大人しく、好印象です。

あとは馬体の小ささをどう取るか・・・。




ちょっと移動して、

176 ムーンフェイズの17(父ゴールドシップ)。牝・芦毛・5/13生まれ・60万円。

DSCN2941_480.JPG

DSCN2944_480.JPG

「今は大人しくしてるけど、普段はもっとうるさい。」

「体がすごく柔らかい。」

DSCN2946_480.JPG




共同通信杯勝ち馬オウケンムーン、そして友人の出資馬だったシーザムーンライトの半妹です。

ゴールドシップの芦毛ですが、そんなに似てないかな?

遅生まれで馬体がまだ小さいですが、どこまで成長するかにかかってる気がします。




161 プンタステラの17(父オルフェーヴル)。牝・芦毛・2/15生まれ・50万円。

DSCN2953_480.JPG

DSCN2959_480.JPG

「オルフェーヴルらしい、いい部分が出ている。」

「出来はいい。」


DSCN2961_480.JPG

DSCN2964_480.JPG

栗毛に出ることの多いオルフェ産駒ですが、この仔は芦毛。

馬体も中サイズで、気性もうるさすぎずいい感じに見えました。




ステイゴールド系ではないですが、今回の募集馬で一番白くて目を引いた、

269 ブラマンジェの17(父エイシンフラッシュ)。牝・白毛・1/26生まれ・180万。

DSCN2966_480.JPG

DSCN2970_480.JPG

少しブチがある部分もありますが、きれいな白毛。

ブラマンジェは母シラユキヒメ、マシュマロとマーブルケーキの間の産駒ですね。


オーナーズ募集の馬なので自分にはまったく縁がないんですが、すごくかわいかったです。白毛・芦毛好きのオーナーさん、いかがでしょうかw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018/06/08 社台募集馬見学ツアー 3)早来F牝馬 [競馬]


牡馬たちが退場し、入れ替わりで牝馬が入ってきます。


自分はアイスフォーリスの17が展示されていた場所に待機。

そこに連れられてきたのは・・・。


139 リリウムの17(父ドリームジャーニー)。牝・黒鹿毛・1/18生まれ・50万円。

DSCN2864_480.JPG

DSCN2868_480.JPG

偶然ですが、同じ展示場所でした。

が、めちゃくちゃうるさいw

この仔も去年当歳で見てますが(7月登別分場、9月早来F)、あの頃の愛くるしさはどこへ[もうやだ~(悲しい顔)]

毛色含めてリリウムっぽさはほとんど無く、ドリームジャーニー全開って感じです。(特に気性が)

唯一リリウムっぽいところといえば、立ち気味の繋ぎぐらいでしょうか。


DSCN2870_480.JPG

DSCN2874_480.JPG

リリウムは大きく出る仔が多かったんですが、この仔はあまり大きくならないみたいです。早生まれだし、いって430~440kgぐらいか・・・?


DSCN2875_480.JPG





終わり際にもう一回行って、顔なでてきました。この辺になると疲れたのか、ちょっとぐったり気味。

DSCN2911_480.JPG

母親似だったこれまでのリリウム産駒とは明らかに違うので、そこをどう取るかでしょうね。値段もドリジャの牝馬で50万はぼったくり強気の値段だと思うし・・・。難しいですね。(こうどなじょうほうせん・そのに)




G-33 サマーナイトシティの17(父オルフェーヴル)。牝・鹿毛・3/2生まれ・50万円。

DSCN2879_480.JPG

DSCN2881_480.JPG

「基本は温厚、スイッチが入ると手が付けられなくなる。」


DSCN2883_480.JPG

DSCN2884_480.JPG

多くの人がいるせいか、終始モジモジしっぱなし。

女性の引き手の方でも大丈夫なように、オルフェ産駒にしては大人しい方でしょうか。




G-32 アイヴォリーカラーの17(父オルフェーヴル)。牝・芦毛・1/27生まれ・50万円。

DSCN2888_480.JPG

DSCN2889_480.JPG

「血統的にあまり大きくならないだろう。」

「オルフェらしくうるさい。」

DSCN2891_480.JPG

母系が強く出てると思いきや、気性はオルフェを継いだようです。ただ、自分が見てたときはそこまでうるさくなかったです。




G-16 カルマートの17(父ゴールドシップ)。牝・青鹿毛・5/12生まれ・45万円。

DSCN2896_480.JPG

DSCN2898_480.JPG

「動きが俊敏。」

引き手の方が「いきなり動くので危ないですよ~。」と声かけてたので、みんな遠巻きに見てましたw

この仔も見た目ゴールドシップって感じはしないですね。




63 ウミラージの17(父オルフェーヴル)。牝・栗毛・2/28生まれ・50万円。

DSCN2901_480.JPG

DSCN2906_480.JPG

「オルフェーヴルが強く出てる。」

と言う通り、かなりうるさかったです。


DSCN2907_480.JPG

立ち上がったときにバランス崩してコケるシーンも[がく~(落胆した顔)]

良くも悪くもオルフェっぽい感じです。



牝馬も25分で見学終了。

白老ファンから見ると、短すぎる時間設定です[ふらふら]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬